古い着物を売る

母の着物を断捨離してみた( 一一)

あなたの家にも着なくなった不要な古い着物タンスの中に眠っていませんか?

困った女性

 

「着物は保存しておくと価値が上がる」

 

そう思っていませんか?

 

はっきり言いますが、西陣織とかの綺麗な着物であれば、価値が上がるかもしれません(上がるかも?ですよ)

 

現在でさえ着物が余りまくっているこの時代ですから、保存しておくよりまだ高く買取してくれる今、処分した方がいいです。

 

 

私も母の着物を先日、処分しましたよ!
すっきりしました(^.^)

 

二束三文でも処分できればいいかと思っていましたが、意外にも高く売れたのでびっくりしました!!

 

と、その前に今すぐに着物を売りたいと思っているかもしれないので、「この買取業者良かったよ!」と感じた店を先に挙げておきますね。

 

対応が良かったと感じた着物買取業者

上から順に高感度のよかった買取業者です。
私の場合ですから参考程度に見てください。

 

着物の高価買取専門バイセル

 

「バイセル」はテレビCMでもよく目にするので知っているかもしれませんね。
バイセルの特徴をまとめてみます。

 

  • 宅配買取・出張買取と選べる(無料出張買取・全国対応)
  • 即日対応
  • 即日現金払い
  • 電話からも出張買取申し込みできる(通話料無料)
  • 査定料などすべて無料

 

公式サイトにも書かれていますが、どんなに汚れて古い着物でも捨てる前に無料査定したほうがいいですね。
宅配買取よりも出張買取してくれる業者の方が高く値段をつけてくれる傾向がありますから。

 

色が地味じゃなければ値段が付くことが多いので、ゴミとして処分するならば気軽に査定した方がいいでしょうね。

 

→どんな着物が高値なのかチェックする

 

福ちゃん

 

福ちゃんも出張買取・宅配買取と選べて便利です。
おすすめは上のバイセルですが、テレビCMもしてるし人気なので電話もかかりづらいことがあります。

 

なので、バイセルに電話してみて混んでいるようならば、福ちゃんに電話。という流れがいいですね。
福ちゃんは比較的電話がつながりやすいです。

 

料金など条件はバイセルとほとんど同じです。
出張料無料とか即日現金払いとか。

 

実際に買取した体験談と感想が公式サイトにたくさん載っているので、最初にチェックして見てください。

 

→買取してもらった人の口コミを読んでみる

 

古い着物を処分する方法

着なくなった古い着物を「売る」ではなく「処分」する方法をまとめてみます。

 

着物を処分(断捨離)となるとこの5つがポンと浮かびますよね?

 

  • 燃えるごみとして捨てる
  • 近くの買取店に持っていき買取してもらう
  • 寄付
  • リメイクする
  • オークションに出品する

 

では、一つずつ見ていきましょう!

 

燃えるごみとして捨てる

ゴミ

 

一番簡単な処分方法が「燃えるごみとして捨てる」でしょう。
処分する着物が一反であれば、そんなに苦にならないでしょう。

 

これがたくさんの着物だと大変ですからね。
意外に重量あるんです。

 

気を付けたいのは捨てる着物に価値が本当にないのかどうかですね。
もし、その着物に価値があったら…

 

と考えると、捨てる前に買取業者に査定してもらった方がいいような気がします。

 

近くの買取店に持っていき買取してもらう

買取業者

 

私はこの処分方法は全くおすすめしませんね。

 

だって、買取店に着物の価値がわかる人がいるわけがないですからね。
どんなに価値のあ着物でも一反500円とかで買い取りになりますよ?

 

買取店の服類は重さで買い取り額が決まります。
着物だから結構重さはあると思うので一反500円くらいかなと想像できます。

 

帯とかもどんなに綺麗でも安くたたかれますよ?たぶん。

 

寄付する

着物を寄付する

 

寄付なので、もちろんタダで提供することになりますが大丈夫でしょうか?

 

寄付するのは東京であれば区役所に「譲ります」のボードがあるのでそこに「着物譲ります」と内容を張り付けると見た人がすぐに連絡をくれると思います。

 

地方であれば市役所等に「着物を処分したいので何か良い案はありますか?」と問い合わせると教えてくれますよ。
例えば、古衣でパッチワークをしているサークルや地元のコミュニケーショングループを紹介してくれたり。

 

市役所等はいろんな情報を取り扱っているので電話して聞いた方が早いです。

 

また、大学の演劇部や落研(おちけん)なども着物を欲しがっています。
どちらもタダ同然での寄付になりますが、捨てるなら寄付したいと考えるならばこのような方法もあるということを覚えておいてください。

 

リメイクする

着物をリメイクする

 

古い着物をリメイクしてバッグにしたり、甚兵衛にしたりする器用な人もいます。
でもなかなかリメイクを職業としている人って探すのが大変ですよね?

 

ネットでは「ジモティー」という地元の掲示板があるので情報提供してみてはどうでしょうか?

 

ジモティーはこちら

 

「必要なものを必要な人へ」

 

をコンセプトにしているので、着なくなった古い着物もリメイクするしたい人をつなぐことができます。
たぶんタダとなると思いますが、こういうサイトもあるということを覚えておきましょう。

 

ただ、これも買取業者に価値がないと査定されてからにした方がいいですよ。
高額査定の着物をタダで処分するのは本当にもったいないですからね!

 

オークションに出品する

着物をオークションに出品

 

今はヤフオクよりもメルカリの方がスマホから簡単に出品できるのでいいかもしれません。

 

売れるかどうかは別として、買取業者に買取できないと査定されてからになります。

 

ただ、着物がもしも売れて発送となると手間が大変だと思います。
重量もあるので送料をこちら持ちとしたら、送料だけで赤字になりますよ。

 

そこまでしてメルカリで着物を欲しがる人っていないと思います。
着物一反3,000円くらいで売らないと手間のわりにこちらの作業が大変になりますよ。

 

結果

古い着物の処分ってこうやって見てみると大変なのがわかりますよね?

 

デニムとかジャケットとか若い人にも需要がある服であれば、メルカリなどに出品するだけですぐに売れるのですが、着物となると極端に需要が減ります。
欲しい人いないでしょ?古い着物なんて。

 

なので、古い着物を処分したいならば、まずは価値があるのか査定をしてもらい買取できないと判断されたら、寄付するなりゴミとして処分するなりするしかないです。

 

まずはあなたの持っている着物の価値をわからないと始まらないので、うえで紹介した着物買取業者に査定してもらうのが最初の行動です。
高額査定ならばそれで終了ですし、価値がない着物であれば捨てるしかないです。

 

どっちみち古い着物はこれ以上所持していも意味ないので今すぐに査定してもらった方がいいですね。

 

人気のある着物買取業者はバイセルです。

 

出張買取してくれるので試しにどのくらいの査定額になるのかお願いしてみることから始めましょう。

 

→バイセルの査定実績

page top